引越し 夫婦 東京から長野 転入手続きは役所で何をする?

東京から長野に引越しするときの手続き。転入手続きは役所で何をする?
MENU

東京から長野へ、引越し見積もりをたくさん集める

↓ ここ使い勝手良かったです ↓

転入手続きは役所で何をする?

 

東京から長野に引越しする場合、

 

  • 移転した日より14日以内に
  • 新しく住む区の区役所市民課・支所市民係にて、転入届を行う

 

ことになります。
この手続きには

 

前住所地の区・市役所で転出手続きをした際に発行された転出証明書が必要

 

ですから、必然的に東京側の役所で先に転出届を出しておかなければなりません。
ただ、転入届は引越し日から2週間以内ですから、そんなに慌てる必要はナイです。

 

また、長野に引越す際に本籍を新住所地に変える場合は別に

 

転籍届

 

を行う必要があります。
国民健康保険や国民年金、介護保険に関する届け出も必要ですので、一度長野市ホームページで事前に確認をしておきましょう。

 

長野市ホームページはこちら>>

 

 

 

転出届

 

転出届は東京で住んでいた区や市の役所で、引越す前に行います

  • 本人または世帯主
  • 本人確認書類(運転免許証・保険証・在留カードなど)
  • 印鑑
  • 国民健康保険証(加入して いる方のみ)
  • 印鑑登録証(登録している方のみ)
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)

などが必要です。

 

ちなみに忙しくって役所に行く時間がない場合は、

郵送による転出届の請求

というのも可能です。
本人または世帯主のみしか請求はできませんが

  • 該当する区・市役所から住民異動についての届出書」をダウンロードし、
  • 本人確認書類 (運転免許証・保険証・在留カードなど)
  • 請求書の新しい住所と請求者の名前を書いた、返信用切手を貼付した封筒

を該当する区・市役所の専用窓口に郵送すれば、転出届の請求ができます。

 

 

 

引越し見積もり!東京から長野へ|一括見積りの賢い使い方>>

 
このページの先頭へ